死闘!012/11/17 新宿sunface saturday night stage レビュー!

YouTube Preview Image

11/17 豪雨の新宿SUNFACE

思えばSUNFACEでの試合は毎回雨ばかりなのだが、
きっと原因と言えば、あの雷様のようないでたちの
印象派ロッカーのお方に違いない。

ということで、11/17の試合の一部始終をお届けしたいと思う。

————————————

1)BLUEBOX

女性ボーカルは良いっ!

決して、江東区在住のアラフォー裸ロッカーがダメだと
言っているわけではない

しかしレインボーにパープル!
ガチで半端じゃない演奏力!

黒のパンツのストロングスタイル以外の何物でも
ないのであった。

2)インプレッショニスツ

因縁渦巻く、インプレッショニスツ

敵団体とはいえそのプロレスはただものではなく
今回もお客さんを扇動し、楽しませるのであった

全盛期のジャンボ鶴田が「オー!」で両国国技館の観客を
一体化させたのとまさに同じである。

我々が事前に仕込んでおいたベースのトトロ氏が
タニー氏を襲撃する(かなりガチな回し蹴り)
という展開で幕を下ろしたのであった。

3)BrainBuster
NEWWORLDに始まり、途中、茨の道、FLYHIGHと新曲を交え、
いつもの通り、アラフォー近くなっても全く精度は増さずに勢いだけの
我々BrainBuster。来年15周年。

インプレとの抗争はあったものの、、実は心のどこかで
リスペクトをしていたメンバーは「アフロの契り」を提案。

最後はBrainBusterとインプレのアフロオールスター共演で
8人のおっさんたちはステージ狭しと暴れまわり
大団円の幕を下ろしたのであった。

4)東洋ロックサミット
我々の長年のタッグパートナーである。
当然セコンド(観客席)からゲキ(歓声)を飛ばすわけであるが
相変わらずのなんというカッコよさ。

自分ら完全にただのファン。
しかし自分らから出てくる評価は「かっけー」とか「いいねー」という
なんとも浅くショッパイものばかりであった。
タッグパートナーとして申し訳ない。

毎度東洋のバラードを聞くと、夏祭りの終わりのよう。
さわやかで少し寂しく、映画を見ているようなステージに
感動しきりなのであった。

————————————

毎回、壮絶な死闘が繰り広げられる新宿SUNFACE
まさに格闘技の殿堂、後楽園ホールである。

試合後、手羽先山ちゃんに偵察に行ったモンゴリアン氏によると
次回の試合に向けて新しい強敵が待ち受けているとのことだが
立ちはだかる、他団体についてはリング上で決着をつけるのみ!

我々BrainBusterは来年15周年。
年明けより新必殺技のレコーディングに向けて動き出すのであった。

This entry was posted in 3.バイオグラフィー. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">